MENU

 

2ショットコーリングメニュー

 

約300箇所!ハニートークの地域電話番号で美味しい思いをする方法とは!?

日本全国各地に約300箇所もの地域電話番号が用意されているハニートーク。

 

テレクラ回線のツーショットダイヤルとしては余りにも有名で、昔は

ひまわりグレープ

という名前だったのを知っている方はかなりのマニアですね(笑)

 

ハニートークの正しい使い方とは

 

ハニートークは昔からユーザー獲得の為の広告展開にかなり力を入れており、女性向けの成人雑誌やレディースコミックから男性向けのエロ本や週刊誌などに大々的に広告展開しています。最近ではネットでのユーザー集客にもかなり力を入れています。

 

その結果、最近のツーショットダイヤル人気との相乗効果により男性女性共に爆発的なユーザー数を伸ばしている番組となりました。

 

さて、このハニートークですが個人的には

地域電話番号を細かく分析しつつ

自分の目的に沿ってピンポイントで使いこなしている人こそが、優先的に美味しい思いをしているツーショット回線だと実感しています。

 

例えば、テレクラ感覚でその日に会ってセックスのみを楽しみたい割り切った男女関係を探す場合。

 

この場合は、近所から近すぎても知人バレなどのリスクがありますし、遠すぎてもすっぽかしや交通費の増大などのリスクがあるため、出来れば1駅か2駅くらい離れた場所に住んでいる女の子を狙いたい。

 

そのような場合にハニートークの全国約300箇所の地域電話番号はかなりの力を発揮します。

 

自分の住んでいる地域から半径2~4キロ圏内をGoogoleマップなどで調べて、そのエリアに該当する地域電話番号を利用すればピンポイントでターゲット女性を見つけることが出来ます。

 

そして

テレフォンセックス目的

においてもハニートークの地域電話番号は利用価値が高いと言えるでしょう。

 

方言を駆使したテレフォンセックスプレイは既にかなりの人気コンテンツと化していますが、方言プレイというのはハマればハマるほど「細かい拘りが出てくる」のも事実なんです。

 

もう少し訛りが強いと興奮する

 

聞きたい方言フレーズを言ってくれる子を探したい

 

村独特の方言女子と繋がりたい

 

あらゆる方言を生でテレフォンセックスと共に楽しみたい

 

拘り始めると本当にキリがない・・・

実は、このような拘りに答えてくれるのも実はハニートークの地域電話番号なんですよね。

 

約300箇所も地域セグメントを切っているのですから、下手すれば「村や町レベル」で女の子を探せます。

 

各方言の特性と地域セグメントの関係性を知っていれば、その地域の電話番号に電話するだけでピンポイントな方言テレフォンセックスが楽しめますので、その利用価値はかなり高いと思います。

 

このようにハニートークの地域電話番号はその特性を理解して有効活用できた人

優先的にアポやテレフォンセックス友達を量産できる

仕組みとなっています。

 

是非とも有効活用して頂いて、ガッツリと楽しんでみて下さい。

300箇所の地域番号を体験!
ハニートーク電話番号

 


PAGE TOP