MENU

 

2ショットコーリングメニュー

 

テレフォンセックス初心者は頭の中に浮かんだ言葉を素直に出す!

このブログでも何度も解説して来ましたが、私は見ず知らずの他人の女性がテレフォンセックスの相手となることが多いツーショットダイヤルを利用する上で、男性が女性に対して

緊張させたり無言になることは絶対に避けるべき

だと助言して来ました。

 

テレセ初心者さんに気をつけて欲しいこと

 

この考え方は今でも変わりません。

 

やはり、無言状態というのは電話での音声通話だけかコミュニケーションの主役となるツーショットダイヤルにおいて、全てのコミュニケーションを遮ってしまう強烈なリスクでしかありません。

 

相手との会話のキャッチボールが噛み合わずに相手の女性にモヤモヤとした緊張感を与えるのもかなり危険です。

 

今回は、ツーショットダイヤルでテレフォンセックスを楽しんでいる初心者の方に、これだけは避けるべきという

無言状態を回避する方法

をお伝えしたいと思います。

 

日本人の多くは人と会話している時に、二つの思考を同時に走らせながら人と会話すると言われています。

 

それは、実際に相手に発声する時の会話の思考と、それとは別に本当はその人に言いたいけれど言えないガチの本音の思考です。

 

日本人というのは人との会話に対してあまり本音を言いません。いや、性格的に言えないというのが本質でしょうか?

 

特に、あまり心を許していない知人や知り合いに対しては日本人の多くは本音を語りませんし、頭の中で描いたいかにも建前的な会話のみを脳内で整理して絞り込み発言するのです。

 

この会話の仕方はテレフォンセックス初心者にとっては

とても良くない会話方法

だと私は断言したい。

 

何故なら、二つの思考を走らせながらのテレフォンセックスはとにかく会話のテンポが良くないのです。女性が求めるリアクションのタイミングがずれると、それは快楽レベルの低下に直結します。

 

そして、二つの思考の同時展開は会話の思考も二つになり、更に実際に口にする会話の絞り込みも行う為に、会話に迷いが生じて結果的に無言状態を作り出してしまうのです。

 

このような負の連鎖を起こすだけなのが二つの思考を走らせながらのテレフォンセックスですので、ツーショットダイヤル初心者の方には絶対に行って欲しくないのです。

 

ツーショットダイヤルおよびテレフォンセックス初心者の方に最適なアドバイスを送ります。

 

それは

何でも思ったことは直感で相手の女性に言うべき

これに尽きますね。

 

気持ち良いと感じたら素直に気持ち良いと言えば良いし、相手をムカつくと感じたらその思いをストレートにぶつければ良いのです。

 

性癖やプレイ願望についても同様です。相手に気を使うのは中級者以上からで良いのです。

 

自分の性癖は剥き出しにして相手にぶつけて行きましょう。それが、ド変態な性癖やどんなに理解し難いセックス願望でも同じです。テレフォンセックスなんてのは肉体的な接触が一切無いのですから、

 


PAGE TOP