MENU

 

2ショットコーリングメニュー

 

ツーショットナンパ失敗した時は必ず理由と対応策を考えるべし!

 

ナンパ失敗した時の理由と解決策を考えよう

 

ツーショットダイヤルを利用して女の子を口説いてナンパゲットする。

 

出会い目的でツーショットダイヤルを使っている誰もが目指している目標だと思いますが、ナンパというのは成功する時もあれば失敗する時もありますよね?

 

むしろ、ナンパの世界は基本的には「数打てば当たる」の世界になりますから、成功より失敗の方が多くなるのは当たり前だと言えるでしょう・・・

 

もちろん、ツーショットダイヤルを利用したナンパは路上ナンパとは異なりアダルトコンテンツですから、女性の方も少なからずエッチな会話や出会いを求めている場合が多いので成功率は路上ナンパに比べればかなり高いですが。

 

私はこれまで数多くのツーショットナンパを経験して来ましたが、成功率を高めてツーショットナンパが上手くなる最大のコツというのは

失敗した時の経験

にあると確信しています。

 

何故なら、ナンパが失敗するという事には必ず理由があるからです!

 

ナンパ失敗した理由というのを自分なりに真剣に考えてみれば、次の対策というのが必ず見つかるのです。

 

この失敗の理由自体は間違っていたとしても構いません!とにかく自分なりに失敗した理由を考えてみるという行動をする事が重要なのです。

 

そして、自分なりに理由に対する対策法を考えてるのです。

 

対策法を考えておけば、次に同じようなシチュエーションでツーショットナンパする際は、その女性に対して

以前失敗した時とは全く異なるアプローチ

を直ぐに実践できますよね?

 

このように常に失敗に対する理由や対応策を考えていれば、自ずとツーショットダイヤルでのナンパは上達するという訳です。

 

ですので、ツーショットダイヤルでナンパ失敗した時は、その失敗の原因を客観的に見つめて分析してみて欲しい!

 

ナンパ失敗した直後にその原因についてじっくりと考えてみると、実に色々な理由が見つかる筈です。

 

例えば、少しでも早くエッチな女の子に会いたいと思う一心で、女性に対して急かすような喋り方をしてしまったとします。

 

これは、間違いなく失敗の理由として考えられますので、次回にナンパする時はいきなりガツガツと

今から会える?

 

今日って暇?

などと言わずに、まずは相手の女の子と純粋に友達になるような感覚で雑談トークを楽しんでみるという解決策が見つかります。

 

トライアンドエラーがナンパ成功のカギです

 

このように、ナンパが失敗した時の理由について必ず考えるようにすれば、あなたは自然に女性をスムーズに口説けるスキルと、様々な性格の女性に対するナンパトークの切り替えが自然に出来るようになります。

 

失敗は成功の元であると昔から言いますよね?

 

是非とも、ツーショットダイヤルでナンパ失敗した時は、嫌な思い出を早く忘れるのではなく、その失敗体験というのは次のナンパ成功に繋がる近道だと考えてしっかりと分析してみて下さい。

 

これを、常に出来るようになればツーショットナンパは確実に上手くなります!