MENU

 

2ショットコーリングメニュー

 

テレフォンセックス友達はできる限り量産するのがベストな時代

スマホ端末を持つ人がこれだけ増え続けている2016年現在。

 

日本国内メーカーはガラケー携帯電話の新規開発及び販売をストップする動きが少し前から行われていますし、当然と言えば当然の動き。スマホ端末の普及に伴い、iPhoneやAndroid端末を利用してインターネットをアクティブに利用する人口が凄まじい勢いで急増していると言われています。

 

テレフォンセックス友達を増やして困ることはありません

 

こんな変化も起きています。メール交換に代わるLINEやカカオトークなどのメッセージングアプリは確実に

人々の連絡手段のインフラを独占

した。

 

電子メールは既に過去の産物となりました。多くのスマホユーザーは友達や知り合いと連絡を取る際は、LINEやカカオトークのリアルタイムチャットを利用します。

 

更に、無料通話アプリ(機能)の登場により

電話が完全無料で楽しめる

ようにもなりました。

 

この影響はツーショットダイヤルの新規会員数の増加に寄与しました。やはり、スマホでの電話に掛かっていたコストが桁違いに安くなりましたから、その分を同じ電話タイプの有料コミュニティーに回すという考えの方が多かったのでしょう。

 

そして、当サイトのメインテーマでもあるテレフォンセックスもスマホ普及とインターネット利用者アクティブ数の増加及び、メッセージングアプリや無料通話アプリの一般化により劇的にプレイユーザー数を増やしています。

 

さて、このように数年前とは劇的に異なるテレフォンセックス及びツーショットダイヤル市場。私は数年前と同じスタイルでテレフォンセックスを楽しむことには

少し違和感を感じているのも事実

です。

 

特に、テレフォンセックス友達に対しての考え方については、絶対に昔の状況とは変わって来ていると思います。

 

昔のツーショットダイヤルでのテレフォンセックス友達というのは、実に狭い世界での限定的な繋がりを指していました。というより、見ず知らずの異性とテレフォンセックスを楽しむツールがツーショットダイヤルしかなかったとも言えます。

 

ツーショットダイヤルで見つけたテレフォンセックス友達は、あくまでそのツーショット番組内での関係に留まり、そこから先の発展に関しては殆ど無いというが当たり前だったのです。

 

しかし、2016年現在のツーショットダイヤルにおけるテレフォンセックス友達の意味合いというのはかなり異なります。

 

最近のツーショットダイヤル番組ではテレフォンセックスプレイを

リアル出会いを視野に入れたお試しセックスの場

として考えている女性が多いのです。

 

つまり、バーチャルな遊びてあった筈のテレフォンセックスに対して、リアルセックスを重ね合わせて考えている女の子が多いという事です。

 

私はこの時代の変化に合わせて女性達との繋がりを楽しんで行くべきだと思います。そして、ツーショットダイヤル番組を利用する際は

テレフォンセックス友達を徹底的に量産するべき

だと考えています。

 

テレフォンセックス友達関係からリアル出会いやセフレ関係に繋げやすくなりました。ですから、昔みたいにテレフォンセックス友達の関係というのはツーショット番組内に留まるという考え方を捨てるべきなのです。

 

ツーショットダイヤルにおけるテレフォンセックス友達の繋がりをは

全てリアル出会い繋がる可能性を秘めている

このような考え方でテレフォンセックス友達を量産して欲しいのです。

 


PAGE TOP